スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アパート火災、子供2人死亡=3歳と2歳のきょうだい−東京・練馬(時事通信)

 17日午後6時ごろ、東京都練馬区三原台の木造アパート2階にある関口裕之さん(24)方から出火、約37平方メートルを焼いた。焼け跡から子供2人の遺体が見つかり、長男大毅君(3)と長女心愛ちゃん(2)と確認された。2人の母親(24)と乳児も軽いやけどを負った。
 警視庁光が丘署は、詳しい出火原因を調べている。
 関口さん方は2DKで、5人暮らし。和室の押し入れ付近が激しく燃えており、遺体はいずれも隣接する洋間で見つかった。
 出火時、関口さんは仕事で外出しており、母親と乳児は洋間にいたという。 

【関連ニュース】
中3女子宅に放火容疑で再逮捕=脅迫の龍谷大生
アパート火災、男性2人死亡=女性1人軽傷
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か
住宅など26棟焼ける=2人不明

<郵政>654人天下り 公益法人の役職員37%(毎日新聞)
五輪スノーボード 国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)
<紀子さま>結核予防講習会開講式に出席(毎日新聞)
事業仕分け第2弾「議員は倍に」野田副大臣(読売新聞)
「1票の格差」是正へ検討着手=参院(時事通信)

藤田まことさん死去 逆境にも涙をのんで仕事人(毎日新聞)

 17日に76歳で亡くなった藤田まことさん。「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎役でブレークして以降、必殺シリーズの中村主水、「はぐれ刑事」の安浦吉之助と、テレビ史に独自のキャラクターを刻んできたまさに「仕事人」。数十億円ともいわれる巨額負債や大病も持ち前のねばり強さではね返してきた。戦争経験者らしく、反戦への思いも人一倍強かった。

【藤田まことさんの役者人生】

 06年に出演したテレビ番組では「コメディアンでした」と自らを称した藤田さん。その持ち味は「てなもんや三度笠」で開花。定番の「あたり前田のクラッカー」は、番組を知らない世代でも耳に覚えがある名コピーだ。

 一方、強烈なイメージのため、それ以降は役が付かない不遇に見舞われた。中村主水のオファーを受けたのは週末営業のキャバレーで。「嫁としゅうとにいびられる情けない男の役。みんな断ったから私に来たんです」と語っていた。支えは、1年ほどたった時の京都撮影所での故三隅研次監督の一言。「この役、ちゃんとやったら一生もんになるで」。シリアスとコミカルを演じ分け、自らの代名詞として完成させた。

 80年代には親族の事業失敗が原因で数十億円の負債を負った。役者生活最大とも言えるピンチだったが自宅を売却。休日返上で愚痴を言わずに働く姿に、債権者までもが仕事を回し応援したという。

 また、沖縄で戦死した兄の手紙を常に持ち歩くなど反戦への思いも抱き続けていた。戦後60年以上を経てようやく行けたという沖縄で、白米のおにぎりを海に投げ入れたという。その思いを役者として結実させたのが、死刑になるB級戦犯を演じた「明日への遺言」(小泉堯史監督)だった。

 08年、食道がんで療養後、ドラマで復帰した役は中村主水だった。復帰会見で「神様が差配してくれた」と涙をにじませていた。

 いったんは元気になった藤田さんだが、09年11月に再び体調不良で入院。10年1月15日に時代劇専門チャンネル(CS放送)の特別番組のナレーションで仕事に復帰したばかりだった。

 京都市右京区の松竹京都撮影所で「必殺シリーズ」が撮影された際、主役・中村主水の家の食事を作っていた近くの食堂「つたや」。先代のおかみ、山本和子さん(80)は「シリーズ初期のころ、共演者や監督らと毎日のように来ては、飲んだり歌ったりしていた。好物のきつねうどんを撮影所に出前した時も優しく接してくれた。残念です」と語った。

【関連ニュース】
【関連記事】訃報:藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」
<藤田まことさん>慢性閉塞性肺疾患で「JIN」降板 「断腸の思い」新門辰五郎役
<藤田まことさん>復帰作「剣客商売」 いぶし銀のベテラン2人
文学・評論 『最期』=藤田まこと・著

練馬で火災、2幼児死亡 「中に子供が」泣き叫ぶ母親(産経新聞)
「グリーンピース」2被告、無罪主張…鯨肉裁判(読売新聞)
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)
里山の開発許可下りず損害、名古屋市を提訴(読売新聞)
中国・北の脅威対処、新防衛大綱へ議論開始(読売新聞)

首相動静(2月12日)(時事通信)

 午前7時54分、公邸発。同56分、国会着。同57分、院内大臣室へ。(了)

2010年度診療報酬改定のポイント(2)(医療介護CBニュース)
国の借金、最大の871兆円=国民1人当たり684万円−09年末(時事通信)
勇猛な男衆、六郷の「竹うち」=秋田県美郷町〔地域〕(時事通信)
臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査(産経新聞)
検察審査会、「石川議員供述」の評価が焦点(読売新聞)

自宅で死亡の女性、殺人と断定=捜査本部を設置−茨城県警(時事通信)

 水戸市渡里町の無職木村はるさん(73)が自宅で死亡した状態で見つかった事件で、茨城県警捜査1課は15日、殺人事件と断定し、水戸署に捜査本部を設置した。木村さん宅には侵入や物色された跡はなかったが、被害者以外の何者かがいた形跡があるという。
 捜査本部によると、死因は窒息死。目立った外傷はなく、着衣にも乱れはなかった。11日午前8時ごろ、木村さん宅を訪れた次女(38)が、居間のこたつで木村さんが死亡しているのを発見した。次女は9日午後、木村さんと会っていたが、10日以降、連絡が取れなくなったという。 

【関連ニュース】
被害者は市内の男性=別の場所で刺されたか
男性胸切られ死亡=車に助け要請、殺人で捜査
新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部
女性配達員殺される=首に絞められた跡
焼け跡の女性遺体に刺し傷=胸など数カ所、殺人で捜査

北海道教職員組合を捜索=民主・小林議員に選挙資金−規正法違反容疑・札幌地検(時事通信)
アルツハイマー型認知症治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
ホッキョクグマ 引っ越しの双子 札幌でお別れ会(毎日新聞)
上野動物園にパンダ=11年に中国から2頭−東京都(時事通信)

<異物混入>1月以降連続5件 埼玉のスーパー「マルエツ」(毎日新聞)

 埼玉県内のスーパー「マルエツ」2店舗で14日、食品から縫い針などの異物が相次いで見つかった。県内の「マルエツ」では1月9日以降、食品から縫い針やカッターの刃が見つかる事件が3件あり、いずれもけが人はなかった。県警は偽計業務妨害容疑で捜査している。

 県警によると、同県朝霞市の「マルエツ朝霞店」で、午前中にパック入りひき肉を購入した女性が、自宅で調理した際、縫い針(長さ約3センチ)が交じっていることに気付いた。さらに同県伊奈町の「マルエツ伊奈店」でも、紙パックに入った野菜ジュースが漏れていることに購入者が気付き、店が金属探知機で調べると、ホチキスの針がパックに刺さっていた。【岸本悠】

【関連ニュース】
異物混入:おでんパックにカッターの刃 埼玉のスーパーで
縫い針:食パンに 三重・四日市のジャスコ
おでんに縫い針:「紀文」製品標的か 自主回収も 千葉
偽計業務妨害:おでんパックにカッターの刃−−埼玉のスーパー
偽計業務妨害:食品にまた針 埼玉のスーパー、2日続き

違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着−広島県警(時事通信)
<わんこそば全日本大会>歴代最高の254杯 大分の青木さんが3連覇(毎日新聞)
大阪・梅田で停電、エレベーターの客ら一時閉じこめ(読売新聞)
関東北部、甲信で大雪の恐れ=気象庁(時事通信)
上司の「退職」発言でうつ悪化=日通に330万円賠償命令−大阪地裁(時事通信)

<小林千代美議員>北教組が1600万円違法献金の疑い(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営幹部による選挙違反事件に絡み、小林氏側が北海道教職員組合(北教組)から約1600万円の違法な資金提供を受けていたとして、札幌地検特別刑事部は15日、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の容疑で北教組本部(札幌市中央区)を家宅捜索し、強制捜査に乗り出した。

 同法は企業や労組などの団体から政治家個人への献金を禁止している。地検は会計責任者らの事情聴取も進め、資金の流れなどについて調べを進める。捜査関係者によると、北教組は教職員が支払う組合費の一部を裏金化してプールし、選挙資金として約1600万円を複数回に分けて支払っていたという。

 小林氏の06年以降の政治資金収支報告書には北教組関連の政治団体からの献金は記載されていない。前回衆院選の選挙運動費用収支報告書には民主党本部からの500万円や、選挙事務所や備品(29万4000円相当)の寄付が記されているが、ほかに資金提供を受けた記述はない。

 小林氏陣営では、選対委員長代行を務めた元連合北海道札幌地区連合会長、山本広和被告(60)が公選法違反(買収の約束、事前運動)の罪に問われ、今月12日に札幌地裁で懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡された。【水戸健一、和田浩幸】

【関連ニュース】
民主党:石川議員の離党承認
陸山会土地購入:小沢氏不起訴不当と検審に告発者申し立て
石川衆院議員:離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党
石川知裕議員:「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見

収入隠し、生活保護費受け取り…大阪の夫婦逮捕(産経新聞)
<松坂牛の器>余ったヒノキで高級感アップ 三重県が開発へ(毎日新聞)
殺人 3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)
<表皮水疱症>患者団体が負担軽減など求め意見書(毎日新聞)
「番組見なければ就職させない」 NHK経営委員「トンデモ」提言(J-CASTニュース)

府中で女性変死、夫とみられる男性は飛び降り(産経新聞)

 11日午前8時15分ごろ、東京都府中市美好町のマンションで、女性が首から血を流して死亡しているのを、訪れた知人男性が発見した。女性はこの部屋に住む中国籍の20代とみられ、警視庁府中署は身元の確認を急ぐとともに、事件と自殺の両面から捜査している。

 同署によると、女性は室内であおむけに倒れていた。首には刃物で切られたような傷があり、部屋の中からは血の付いた刃物が見つかった。死後1〜2日程度経過しているとみられ、玄関は施錠されていた。

 10日午後10時過ぎには、女性の夫とみられる中国籍で20代の男性会社員が、市内にある別のマンション10階から飛び降り、腰の骨を折る重傷を負って入院していた。男性の同僚が、着替えを取るために部屋を訪れたところ、女性が倒れているのを見つけたという。

 同署は男性の容体が回復次第、事情を聴く方針。

【関連記事】
犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか 鳥取連続不審死
チャンネル争いでトラブル? 簡易宿泊施設の変死事件で男を逮捕
女性が浴室で変死 事件両面で捜査 東京・目黒
マンションで女性変死 自殺、他殺の両面で捜査
東京・南青山で変死の男性、首に切り傷 警視庁が殺人事件で捜査

石川議員の辞職勧告案で対立=民主、採決要求を拒否−衆院議運委(時事通信)
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警(医療介護CBニュース)
<交通事故>テレビ朝日の富川アナ、バイクに追突(毎日新聞)
さっぽろ雪まつり 週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
無抵抗で刺される?前部に深い傷…宮城3人殺傷(読売新聞)

小沢氏「石川議員、事務的なミス問われている」(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は11日夕、党本部で石川知裕衆院議員の離党届を受理した後、記者団に対し、「本人の決断であり、党をはじめ皆さんにこれ以上ご迷惑をかけたくないという気持ちであろうと思うので、素直にそれを受理をした」と述べた。

 小沢氏はまた、「彼が問われた責任というのは、国会議員としての職務や職責、権限に関連して、その責任を問われているわけではない。起訴内容についても、不正なお金をもらったとか、脱税したとか、実質的な罪について問われているわけではない。要は収支報告書の事務的なミスに関して、責任を問われている」との認識を強調した。

窃盗未遂で同乗のブラジル人逮捕=名古屋ひき逃げ−愛知県警(時事通信)
福岡前副知事収賄 北海道「視察」、実態は観光か(毎日新聞)
<大雪>山形で267センチ 新潟235センチ(毎日新聞)
「見えてはいけない映像」傍聴席に丸見え? 急にモニターずらす弁護人(産経新聞)
男性殺害容疑で暴力団組員逮捕=金銭トラブルか−福島県警(時事通信)

航空機座席の検査記録ねつ造=小糸工業に業務改善勧告−国交省(時事通信)

 航空機の座席を製造している小糸工業(横浜市)が、座席製造過程の検査記録を改ざん・ねつ造するなどしていたとして、国土交通省は8日、同社に業務改善勧告をした。
 同社は航空機座席を製造している国内唯一のメーカーで、国内航空各社に提供している。 

【関連ニュース】
専用サイトが改ざん=NTTデータ子会社
東ガス硬式野球部サイトが改ざん
企業HP改ざんで注意喚起=新種ウイルス「ガンブラー」
不正アクセス容疑で捜査=企業のHP改ざん
新ウイルス「ガンブラー」猛威=企業HP、相次ぎ感染

鳩山首相 太宰府天満宮「梅の使節」の表敬に笑顔(毎日新聞)
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
<通信傍受法実施>電話傍受し33人逮捕 薬物密売事件など(毎日新聞)
首相動静(2月8日)(時事通信)
過去最高の死刑容認、重く受け止めると法相(読売新聞)

鳩山首相、財政悪化に「ビジョンしっかり作る」 参院決算委(産経新聞)

 参院決算委員会は4日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して平成20年度決算に関する質疑を行った。首相は、22年度末で1千兆円に迫る見通しとなった国の債務残高について「とてつもない額になってきているのは非常に由々しき問題で、先進国の中で最悪だ。短・中・長期のビジョンをしっかりと作り上げることが新政権の大きな課題だ」と述べた。

 また、中央省庁や地方自治体で不適正経理が蔓延(まんえん)している実態について「国民からみれば、とても許されることではない。新政権ではなくなるように最善の努力をしたい」と述べた。民主党の柳沢光美、那谷屋正義両氏の質問に答えた。

 午後は自民党の丸山和也氏ら野党議員が質問に立ち、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件などを追及する。

【関連記事】
長期国債格付け見通し引き下げ 財務相「抜本改革で健全化」
国の借金、10年度末に973兆円 国民1人あたり763万円
編集委員・田村秀男、脱デフレ財源プランを提案
国債発行総額、空前の162兆円 前年度から30億円増加
年度末の国債残高初の600兆円 遠のく財政再建、埋蔵金頼み限界

坪田譲治文学賞 濱野さんの「トーキョー・クロスロード」(毎日新聞)
<提訴>500円タクシーが 大阪5業者「距離制限撤廃を」(毎日新聞)
<ジョン・レノン>ミュージアム閉館へ 契約満了 さいたま(毎日新聞)
雪で車100台以上立ち往生、76人避難…新潟(読売新聞)
民主、景気認識ただす=10年度予算が実質審議入りへ−衆院委(時事通信)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 即日
携帯ホームページ
情報商材レビュー
パチンコ攻略
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM